すべての美しいブタ

映画を中心に趣味と日々の記録を

聖なる鹿殺し The Killing of A Sacred Deer

作品データ

公式サイト

www.finefilms.co.jp

あらすじ・概要

「ロブスター」「籠の中の乙女」のギリシャの鬼才ヨルゴス・ランティモス監督が、幸せな家庭が1人の少年を迎え入れたことで崩壊していく様子を描き、第70回カンヌ国際映画祭脚本賞を受賞したサスペンススリラー。郊外の豪邸で暮らす心臓外科医スティーブンは、美しい妻や可愛い子どもたちに囲まれ順風満帆な人生を歩んでいるように見えた。しかし謎の少年マーティンを自宅に招き入れたことをきっかけに、子どもたちが突然歩けなくなったり目から血を流したりと、奇妙な出来事が続発する。やがてスティーブンは、容赦ない選択を迫られ……。ある理由から少年に追い詰められていく主人公スティーブンを「ロブスター」でもランティモス監督と組んだコリン・ファレル、スティーブンの妻を「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマン、謎の少年マーティンを「ダンケルク」のバリー・コーガンがそれぞれ演じる。

予告編


映画『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』予告編

鑑賞データ

  • 事前情報無し
  • 2018/3/10
  • シネ・リーブル梅田
  • 日本語字幕
  • AM10:20からの回の割には結構入ってたか

評価

★4つ

以下、ネタバレしてます。

陰鬱とした色彩、アングル

都合の良い上映時間だったので、ふらっと観に行きました。
シネ・リーブル梅田はなぜかジンジャーエールが異常に美味いので、それも購入。
ヨルゴス・ランティモス監督・・・。ああ。『ロブスター』の人か・・・。評判は聞くけど、観てないんだよな・・ぐらいの温度です。

冒頭、真っ黒な画面から急に開胸手術中の剥き出しの心臓が映され、いきなり面を食らう。
続くシーンもおかしい。 おじさん二人がお互いの腕時計を褒め合うのだが、

「防水は何メートル?」
「200メートルだ」

なんて普通そんなこと聞くかね?
しかもおじさん二人、全く笑わない、というか表情が変わらない。
無表情なのはおじさんだけではない。とにかくこの映画、登場人物がみな一様に無表情、低体温なのだ。 画面も全体に青暗い。
そもそも、この映画、舞台はどこなんだろう・・。アメリカの英語じゃないし。。スコットランドとか?

低温の中の確かな歪み

主人公は心臓外科医、奥さんは眼科の開業医(ニコール・キッドマン!)、かわいい子どもが二人。
どう見ても幸せ。だけど笑顔がない。会話も全くはずまない。
どうも、この家族、豊かだけど全く満たされていない。
中身がない人形、あるいは死体のように見える。。

夫婦の営みに誘う時も、下着(これも絶妙に地味)姿になった奥さんが無言でベッドに横たわる、手術台の上、麻酔を打たれた患者のように。
しかもニコール・キッドマン扮する奥さんが妙に色気のない筋張った身体をしていて、それがまた不気味というか、綺麗なんだけど興奮しない絶妙な役作り。。凄い。。。

不気味な少年

主人公が奥さんに隠れてコソコソ会っている15歳ぐらいの少年マーティン。
マーティンが物語のキーマンなわけですが、もちろん無表情。
ただ他のキャラクターに比べて饒舌ではあるかな、という印象。(会話の内容はすごく変。ここら辺の会話が映画的にはすごく重要なんですが・・)

あまりにもコソコソ会っているし、腕時計をプレゼントしたりするから、すわゲイ展開かと思ったんですが、そうではなく、 マーティンは主人公が以前に医療ミス(ほろ酔いでオペ)で殺してしまった患者の遺族で、その負い目から気にかけていた、ということがストーリーが進むうちにわかって来ます。

主人公は父親をなくしたマーティンを心配してか、
「バイク乗るときはヘルメットをしろよ」
などと父親代わりを気取った発言をしますが、これは所謂"王様の優しさ"というやつで、無意識な見下しからマウンティングのようにも見えます。

あらすじにあるようにマーティンを家族に紹介したぐらいから、マーティンの態度に変化が現れます。
主人公の職場や駐車場に突然現れたりして、徐々にストーカーのような状態に。
このマーティン役が最高に不気味で居心地が悪くて、、凄い役者がいたもんだと。。 マーティンを演じたバリーコーガン。
ダンケルク』にも出てたみたいだけど、思い出せない・・・。
今後凄い売れるんじゃないかしら。ジャレット・レトみたいになっていきそう。

死に至る呪いと贖罪

主人公の家族が謎の呪いにかかります。それが、

  1. 手足が麻痺する
  2. 拒食
  3. 目から流血
  4. 死に至る

というもの。
呪いを解くには主人公の手で家族の誰かを殺めなければならない。

そうしなければ家族全員が死ぬ。

ここで急に超自然的なパワーが出てきますが、マーティンの不気味な存在感により納得してしまう、絶妙なリアリティラインが保っているのです。
特に素晴らしいのは、この呪いについてマーティンが主人公に説明するシーン。
「先生忙しいみたいだから急いで言うね」と、超怖い呪いを淡々と早口で説明。
「先生は僕のお父さんを殺したよね。だから先生も家族を一人失う必要があるんだ。」
なんて、急に贖罪を迫って来るわけです。
え、もう死神にしか見えないっす・・。こわーい・・・。

呪いによって壊れていく家族

呪いによって、空っぽに見えていた主人公とその家族に感情が生まれます。
主人公が一人庭で号泣したり、過去の医療ミスを奥さんに追求されて激昂したり・・ ここからはひたすら鬱展開まっしぐら。
奥さんは奥さんで、旦那の医療ミスの確証をつかむために、旦那の同僚に色仕掛けを使ったり。(しかも報酬は手コキ、ええー)
子どもたちも自分が助かりたいので、主人公に気に入られようとしたり、 奥さんも「子どもはまた産めばいいわ」なーんて怖いこと言い出してしまいます。
極めつけは主人公の暴走。
『プリズナー』を観た人ならわかると思いますが、要は拉致&拷問で呪いを解かせようという実力行使。

しかし、マーティンが呪いを解くことはなく、ついに主人公は選択を迫られます。
家族の中から誰かを殺す、究極の選択を。。。

まさかのグルグルバットロシアンルーレット

結果、主人公が取る行動っていうのが、

  • 目隠しをした家族を椅子に座らせる
  • 同じく目隠しをした主人公が、その場でグルグル回る
  • 向きがわからなくなったところでライフルを発砲

というものです。
「あ、自分で選ばんでもええんや・・」と正直思いました。
しかも、

目隠ししてグルグル→バーン!→当たらなかったのでもう一回

の流れはめちゃくちゃ重いシーンのはずなのに笑けてきました。 あれは意地悪かった。本当に。
あそこであんなコメディを入れるのはズルい(褒めてる)

結局「聖なる鹿」って?

タイトルの「聖なる鹿殺し」の「聖なる鹿」って何を指しているのでしょうか?
主人公は結局、家族を一人殺してしまうわけですが、ということは鹿=家族??
ここら辺は全く分からなかったので、ちょっと調べてみました。
どうも、この映画の脚本は、ギリシャ悲劇である「アウリスのイピゲネイア」をベースにしているようです。

www.theguardian.com

自分の娘を生贄に捧げなくてはならなくなり、苦悩するアガメムノンの葛藤を描いた悲劇のようです。

アウリスのイピゲネイア - Wikipedia

上記Wiki記事の最後に、生贄として殺されたイピゲネイアですが、鹿と入れ替わったとあります。
ギリシア悲劇の知識がないため、詳しいことは分かりませんが、生贄となったイピゲネイアと入れ替わった聖なる鹿。それを殺めてしまう男の話。ということになるでしょうか。