すべての美しいブタ

映画を中心に趣味と日々の記録を

レッド・スパロー / Red Sparrow

作品データ

公式サイト

http://www.foxmovies-jp.com/redsparrow/

あらすじ・概要

http://eiga.com/movie/86305/
アカデミー賞女優のジェニファー・ローレンスが、「ハンガー・ゲーム」シリーズのフランシス・ローレンス監督と再タッグを組んだスパイサスペンス。元CIA局員という経歴を持つジェイソン・マシューズによる同名小説が原作で、捜査対象を美貌で誘惑する「スパロー」と呼ばれる女スパイの活躍を描く。事故でバレリーナになる道を絶たれたドミニカは、ロシア政府が極秘裏に組織した諜報機関の一員となり、自らの肉体を使った誘惑や心理操作などを駆使して情報を盗み出す女スパイ「スパロー」になるための訓練を受ける。やがて組織の中で頭角を現したドミニカは、ロシアの機密情報を探っていたCIA捜査官ナッシュに近づくというミッションを与えられる。接近したドミニカとナッシュは互いに惹かれあいながらも、それぞれのキャリアや忠誠心、国家の安全をかけてだまし合いを繰り広げていく。

鑑賞データ

  • 2018/4/1
  • なんばパークスシネマ
  • 2D 日本語字幕
  • 1日の割には空いてたかな。。なんかジジババが多かったんやけど、あんた方は普段から安いんちゃうの?

評価

★3.5

以下、ネタバレしてます。

アクション無し。硬派なスパイ映画

世界一良い女ことジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence)が、色仕掛けを駆使するスパイを演じる、セクシーバイオレンススリラー。
そんなの観たいに決まっているので、早速観に行ってきました。
予告編の感じから、『アトミック・ブロンド』の感じを想像してたんですが、実際はアクションシーンは皆無な本格的なスパイ映画でした。
陰鬱な雰囲気はどことなくアトミック・ブロンドと通ずるので、何かと比較される映画になるのかなーとか、序盤は想像していたのですが、全然別物ですね。
どちらかというと『裏切りのサーカス』ですね、これ。

なんか今回の座組に決まるまでに、ルーニー・マーラ主演&フィンチャー監督(つまり『ドラゴン・タトゥーの女』の座組)という企画で進んでいた時期もあったようですが、残念ながら流れてしまったようで・・・。
ドラゴン・タトゥーの女』個人的には好きな作品だったので、観たかったなー

エロス&バイオレンス

この映画の一番の見所はもちろんジェニファー・ローレンス演じるドミニカ(だっけ?本名全然覚えてない・・)の、セクシー過ぎるスパイっぷりなわけです。
スパイになる切っ掛けとなった暗殺現場でのレイプに始まり、スパイ養成所でのレイプ(未遂)、クラスメートの前での手コキシーン上映会、同じく全裸での挿入強要。
(ちゃんと乳首も出ます。そういや数年前にヌードセルフィーが流出してたなこの人。。セレブは何故ヌードを撮るのか・・)
スパイになってからの「どんな水着やねん」という感じのセクシープールシーンに、ナッシュとのベッドシーン、全裸拷問シーン、などなど、基本的に写っている間ずっとエロい。
なんだったら、普段着のピッチリセーターのシーンですら、いやむしろそっちの方がエロい。

もう歩くエロス兵器なわけですが、それに加えて本作はエロスの直後に結構強めの暴力シーンがついて来ます。
ドミニカが暴力をふるう側の時もあれば、受ける側の時もある。
そして、この映画の徹底しているところは、暴力を受けた側の顔や身体にちゃんとダメージが残っていること。
具体的には殴られた後のアザ・出血や、あの「人皮用ピーラー」で革を剥がれた傷などなど・・。
ジェニファー・ローレンスの綺麗な顔もアザだらけで腫れ上がります。
ちょっと全員回復が早すぎる気はしますが、R15指定らしく、ちゃんと傷跡表現をやってくれていると思いました。

キャスト

とにかくジェニファー・ローレンスのスパイだけで勝負しているような感じの映画ですが、
なかなか脇を固めるキャストが素晴らしかったですよ。
まず、ジョエル・エドガートン(Joel Edgerton)。『ザ・ギフト』で元いじめられっ子の超ヤバイ変人を演じてたので、最初は気が付きませんでした。。
なんだ、格好良いじゃないか!こういうワイルドで3枚目なキャラ出来たのかー!!って感じでした。良い役者さんですね。
あと、マティアス・スーナールツ(Matthias Schoenaerts)。え、プーチンなの?あなたプーチンなの?って言う感じで。本当に似てる・・・。。
これは似すぎて逆にノイズになったんでけど・・。狙って似せてたのかなぁ。。。

脚本なぁ。。どうなの、これ?

脚本分かりにくーい
いや、後半の伏線の回収っぷりは凄かった(風)なんですが、そこに至るまでのミスリードが多すぎて・・・
結局何をしようとしているのか分からなくなっちゃうところがあり・・・ルームメイトの部屋忍び込むとことか、なんか理由が不明過ぎて観てる時は結構??な感じでした。
無駄なシーンも多かったなぁ・・。スパイ養成学校のシーンとかまるごと要らないような・・・。
別にあの学校の間に本人に変化があったわけでもないんよね。単にスパイのスキル(鍵開けとか)を身に着けただけだしなー。人前で脱げるようになったぐらい?でもそれも怒りに任せた行動のようにも写ったし・・・。
あ、そういえば途中でいなくなっちゃうスパイ学校の同級生のマッシュ頭の娘。あの娘良かったな・・。だからなんだって話ですが。

なんか、脚本の妙だけで勝負するには弱い感じ。
たとえば、同じスパイ物の『裏切りのサーカス』ほどスマートな脚本ではないのよね(凄い似てるけど)。

キャラクターの描写が全体的に足りない感じ

なのでやっぱり、主人公の成長や心情を描くべきだと思うんですよねぇ。。
ベースとしては、病気のお母さんのためにスパイになってしまう超良い人なわけなんですが、スパイになる前から表情が乏しくて、どういう人なのか良く分からない。
別に人間的に惹かれる部分を魅せる演出もないまま、スパイの道に入っていくんですよね。

だから、何を失って、何を求めていて、何を手に入れたのか、がちょっと分かりにくいかなぁ。。

最後、スパイとしての成功を手に入れた後でも、母親と二人であの古い部屋に住んでいるっていうのが、まぁ彼女の本質を表していたのだとは思うのですが・・。
まぁ、それで「良かったね」とはなりづらいっすね。。。

年代がよく分かんない。

あと、これいつの時代の話なの??
携帯とかはあるけど、フロッピーディスク使ってる時代?
最初にすり替えようとしてたの、スマホじゃなかった?車とかも最近の車だけど、え?フロッピー?なんなの?よく分からん・・。

ジェニファー・ローレンスのファン以外がわざわざ観るか、っていうと・・・

140分も上映時間あったので、途中ちょっと眠くなるんですが、それをジェニファー・ローレンスのエロス&バイオレンスで叩き起こす感じの映画、って感想です、今のところ。。
後日再評価爆上げになるかも知れませんが、とりあえずそんな感じです。